1番ゲージの買取

鉄道模型鉄道模型の世界でも様々な種類があるので、サイズも色々です。そんな鉄道模型の世界でも1番ゲージと呼ばれるものは1/32のサイズの鉄道模型であり、どちらかというと欧米で一般的に用いられているサイズとなっています。実は日本では1番ゲージはそれほど取り扱われていないのですが、だからこそ1番ゲージの大きめのサイズに魅力を感じて、その迫力を楽しみたいと考えるマニアもいるようです。ある意味鉄道模型やジオラマをする人にとっては憧れの本格派模型と言っても過言ではないかもしれません。

近年ではこうした大型の鉄道模型自体が少なくなっていることもあり、1番ゲージであるということ自体が希少価値となっている面もあります。ただし世界基準では先ほど述べたようの1/32サイズなのですが、日本の1番ゲージの場合は1/30サイズとなっており、少しサイズが大きくなっています。そのため線路など付属品も日本製のものが必要になってきます。

このように希少性の高い1番ゲージだけにマニアにとっては中古でもぜひ手に入れたいという人が多いと思いますし、今1番ゲージを持っていて処分したいと考えている方も是非きちんとした鑑定人のいる専門店で査定してもらいましょう。最近ではこうした鑑定士のいる鉄道模型買取の業者もありますし、宅配での買取を請けおっている業者もありますので全国どこからでも買取依頼ができて非常に便利です。

 

 

鉄道マニアの種類

鉄道マニアのことを通称で「鉄ちゃん」と呼んだりしますが、この鉄道マニアの中でも種類が分かれます。鉄道模型が好きという人は当然本物の鉄道も好きだと思いますが、実際の鉄道をカメラで撮るのが大好きな鉄道マニアもいて、彼らは「取り鉄」と呼ばれています。廃線になる鉄道などがある場合には最後に走る勇姿をカメラに収めにいくわけです。鉄道というものはそのように様々な楽しみ方があるのも魅力の一つです。

カメラ鉄道模型の世界に足を踏み入れるとそのクオリティの高さと奥の深さに舌を巻くでしょう。最近では動画投稿サイトなどに自分が作った鉄道ジオラマのカメラで撮影して投稿して人気を博している人もいます。このように比較的自分だけの世界でやることが多かった鉄道模型の世界が、簡単にほかの人にも紹介できる時代になったというのは、鉄道模型マニアの間でも新しい楽しみ方として認知されてきていることでしょう。

実際に好きな鉄道に乗りに行くことも当然楽しいですし、撮影しに行くのもあとに写真という作品が残っていいものです。様々な楽しみ方をして鉄道マニアというものを堪能できると世の中の鉄道人気というものの理由がわかってくるようになるかもしれません。

鉄道模型の魅力

飛行機やスーパーカー、バイクなど多くの男の子は小さい時にこうしたマシンに憧れてプラモデルやおもちゃなどを親に買ってもらったりします。その中でも人気なのが鉄道模型でしょう。中には電車を型式で暗記しているような子どももいたりします。そして鉄道模型の世界の深いところは、夢中になるのが必ずしも子どもだけではないところです。大人になってからも鉄道模型の魅力にのめり込む人はたくさんいて、かなり本格的な風景を作っている人もいます。

鉄道と運転手鉄道模型の世界ではなにも日本の鉄道だけに限られておらず、欧米の車両など豊富な種類の鉄道模型が販売されています。なんといっても車両そのものだけでなく、その小さな模型の車両を走らせるための線路やそのほかの風景を作り上げるための小物なども充実しているのが鉄道模型をおもしろいものとしているのでしょう。もちろん珍しい希少性がある車両などもありますので、単純にコレクションとしてのおもしろさもあるので、多くの鉄道マニアの心を惹きつけているのです。

非常にマニアックで難しい世界かと思いきや、当然子どもでも手軽に始められるような基本セットというものもありますので、興味のある方はすぐにでも始められますし、徐々に手をいれていって自分なりの世界観を出していくというのが楽しみでもあります。アイテムが増えるにつれて本格的なジオラマの風景を作って走らせるという楽しみができるようになると人に見せたいという願いも出てくるかもしれません。